大腸内視鏡検査Colonoscopy

大腸内視鏡検査について

不安と苦痛に配慮した大腸カメラを提供します。
大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は、肛門から細長く軟らかい内視鏡を入れて大腸全体を観察することにより、大腸がん、大腸ポリープ、大腸憩室症、炎症性腸疾患などの大腸・直腸の各疾患の早期発見につながる精密検査です。
近年、食生活の欧米化などの要因により、大腸がんは増加傾向にあります。症状がない場合でも定期的に検査を受けられることをおすすめします。個人差はありますが、大腸内視鏡検査は苦痛を伴う検査です。しかし当院では、鎮静剤や麻酔を適切に使用し、できる限り苦痛の少ない大腸内視鏡検査の実現に取り組んでおりますので、安心してご相談ください。
次のような症状がある方は、大腸内視鏡検査をおすすめしています。
  • 便秘や下痢が続いている
  • お腹がはって苦しい
  • 最近、便が細くなった
  • 血縁者に大腸がんを患った方がいる
  • 血便や血の混じった便が出た
  • 大腸ポリーブを切除したことがある
  • 検診で便潜血が陽性だった
  • 安心するために定期的に検査をしておきたい
  • 貧血を指摘されたことがある
  • 内視鏡検査を受けたことがなく大腸がんが心配

検査の流れ

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の流れ

  • 検査前の準備

    大腸カメラ検査の場合、検査日の2日前までに一度受診頂き、検査前に飲んでいただく薬(下剤)の説明・確認を行っております。検査前日の昼食・夕食は検査用食事のみを摂取、睡眠前に下剤を内服していただきます。

  • 検査当日の朝

    検査当日は朝から絶食ですが、水・お茶は飲んでかまいません。1.8リットルの水に溶いた検査用下剤を服用していただき、腸の中をきれいにします。下剤の服用方法、開始時間については検査前の受診時に説明した内容で行ってください。便が水のようになった段階で検査可能となります。

  • ご来院後

    まずは、受付・お着替えを済ませていただきます。準備が整いましたらご案内いたします。検査時間は個人差がありますが、おおよそ30分程度です。ご希望の方には、鎮痛薬や麻酔を用いた鎮痛/鎮静下での検査も可能です。

  • 検査後

    鎮痛/鎮静下での検査を受けられた方は、鎮静が覚めるまでゆっくりお休みください。ご帰宅前に内視鏡検査結果を医師がご説明いたします。組織検査を行った場合は、顕微鏡検査に提出します。検査結果が出る頃に、もう一度組織検査結果を聞きにいらしてください。

検査費用について

項目 3割負担
大腸内視鏡検査のみ 7,000円〜9,000円
大腸内視鏡検査+組織検査 10,000円〜17,000円

※検査料金のみです。初再診料・診察料等含みません。1割負担の方は上記の3分の1程度でお考えください。