広島市西区三篠町にあります小田内科は、昭和26年に創立して以来地元に根差した医院です。
大きな病院に行くのは抵抗をお持ちでも「ちょっと小田で診てもらってきんさいや〜」と言われ受診される患者さん、
診察時に「あんたのちっちゃい頃よぅ知っとるで」と話をされる患者さん。
地域の皆様とともに歩んできたこれまでを日々積み重ねながら、最適な医療の提供を続けてまいりました。

2019年に、東京で消化器内科を専門とし内視鏡検査やエコー検査を中心に診療を行っていた医師を新たに迎え
最新の経鼻内視鏡(胃カメラ)やエコーを用いて痛くない検査を行うなど、
これまで以上に患者さんにあった医療の提供を目指しています。
高血圧や糖尿病といった生活習慣病、インフルエンザなどの感染症も適切に診療致しますのでお気軽にご来院ください。

最新のお知らせ
2019.10.21ファミリードクターにインフルエンザに関するコラムが掲載されました