当院についてAbout us

広島市西区三篠町にあります小田内科は、昭和26年に創立して以来地元に根差した医院です。
一口に内科と言っても症状やお悩みはさまざま。何科を受診したらいいか分からないという患者さんも多いかと思います。

当院では、最新の経鼻内視鏡やエコー機器の導入に伴い、従来より幅広い診療や各種検査に対応することが可能となりました。
「どんな時も頼れる」「とりあえず小田で診てもらおう」「小田での検査は辛くない」
そんな風に頼って頂ける医院を目指し、よりよい医療を提供するため地域の皆様とこれからも歩んでいきます。
体調不良や検査に関してお悩みのことがありましたら、いつでもお気軽にご来院ください。

今まで同様これからも地域の皆様とともに歩んでいく医院を目指しています。
小田内科の歴史は昭和26年の創立から始まりました。医療のあり方は時代の変化とともに変わってきていますが、当院ではこれからも今までと変わらず患者さんと向き合いその人にとっての最善の医療を提供していきます。高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)、アルコールや食生活による肝障害などといった生活習慣病の検査や治療をはじめ、経鼻内視鏡を用いた胃カメラや最新のエコーを用いた肝臓や膵臓の検査も行えます。また必要であれば近隣もしくはご希望の基幹病院などへのご紹介もさせていただきます。
最近はテレビやインターネットなどで色々な情報が皆さんに届けられ、疑問に思うようなことも多いかと思います。些細な疑問でも気軽に聞いていただけるようなアットホームな医院ですので、お困りのことがあれば一度ご相談ください。院長 忌部 航(いんべ こう)

経歴
2007年3月金沢大学医学部卒業
2007年4月三井記念病院
2009年4月国立国際医療研究センター
2013年4月福島県立医科大学 会津医療センター
2015年4月国立国際医療研究センター
2019年1月小田内科 勤務
2019年5月小田内科 院長
資格・所属学会
医学博士
日本内科学会:総合内科専門医
日本消化器病学会:消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会:日本消化器内視鏡学会専門医
日本膵臓学会

前院長挨拶

平成最後の年に新しい医師を迎え、最新の医療機器の購入など当院にも新しい風が吹いてきました。新しい技術を取り入れながらも今までと変わらず患者さんにとってなにが最善かを常に考え、真面目な医療を皆さんにお届けしたいと思っています。前院長 忌部 明(いんべ あきら)

設備のご紹介