内視鏡検査endoscopy

内視鏡検査について

痛みや苦痛の少ない検査を一人でも多くの患者さんへ。
内視鏡検査(胃カメラ)は、苦しくて苦手という方や、なんとなく怖いイメージがあって検査を敬遠されている方も多いかと思います。当院では、できるだけ患者さんへの負担が少ないよう痛みや苦痛の少ない検査を心がけています。
当院では、患者さんへの負担の少ない経鼻内視鏡を主に行っていますが、鼻から入りづらい方や鼻血の出やすい方などは経口でも行うことができます。検診で再検査となった方はもちろん、「検査は受けたいけど内視鏡は…」と敬遠されていた方もぜひ一度ご相談ください。
次のような症状がある方は、胃内視鏡検査をおすすめしています。
  • 検診で異常を指摘された
  • 胃の痛みや不快感がある
  • げっぷ、胸やけがする
  • 血縁者にピロリ菌陽性・胃がんを患った方がいる
  • 胃がん、食道がんが心配
  • 体重が減少した
  • 黒い便が出た
  • 安心するために定期的に検査をしておきたい

経鼻内視鏡とは

  • 経鼻内視鏡検査の特徴

    経鼻内視鏡の最大の特徴はその細さです。5mm程度の細さでスムーズに挿入できる上、内視鏡が舌のつけ根を通らないことから、鎮静剤を使用しなくても吐き気をほぼ感じずに検査を受けることが可能です。
    また検査中も会話をすることができるため、異変を感じた時や質問をしたい時も自由に医師とお話できるので安心です。

    鼻から入りにくい方・鼻血の出やすい方などは、経口でも検査を行うことが出来ますので、ご相談ください。

次のような方には、経鼻内視鏡検査がおすすめです。
経口内視鏡検査の経験があって、苦痛だった方
嘔吐反射(オエッとなる感覚)が怖い方
検査中に言葉での意思疎通をされたい方
車を運転される方(鎮静剤を使用しないため)

検査の流れ

  • 検査前日

    前日の午後10時までに食事を済ませ、午後10時以降から検査終了まで絶食してください。

    水分は適度にとってかまいませんが、水のみにしてください。

    普段から就寝前に薬を服用している方は、いつものように飲んでいただいてかまいません。

  • 検査当日 朝

    朝ごはんは抜いてください。(水を飲むのはOK)

    薬は検査終了後に服用して下さい。

    喫煙者の方は、検査が終わるまでタバコもお控えください。

  • ご来院後

    ご来院後に受付で問診票と検査同意書にご記入していただきます。

    胃の中をきれいにする薬を飲んだ後、口腔または鼻腔に表面麻酔をします。

    検査時間は5〜10分ほどです。

  • 検査後

    写真を一緒に見ながら結果説明をします。組織検査をした場合は2週間後に結果をご説明します。

検査費用について

項目 1割負担 3割負担
胃内視鏡検査のみ 1,150円 3,440円
胃内視鏡検査+組織検査 2,470円 7,400円

※経口・経鼻内視鏡とも同額です。※検査料金のみです。初再診料・診察料等含みません。